カリキュラム

Loohcs高等学院の
カリキュラムを構成する2本柱

Loohcs高等学院においては、リベラルアーツとプロジェクトをカリキュラムの軸に据えています。リベラルアーツによって座学的に「ものの見方」を学び、プロジェクトによって実践的な体験知を獲得していきます。

リベラルアーツ

Loohcs高等学院の完全オリジナル教材を用い、高校で学ぶべきすべての科目を学びます。国数英社理に加え、分野横断的なテーマについても学んでいきます。普通の高校では選択制の科目や、大学で触れる学問まで網羅的に扱います。

プロジェクト

学んだことをもとにプロジェクトに取り組み、その過程で新たな学びに開かれていきます。学校側でゴール設定はせず、学生自身がゴールを決め取り組むことが特長です。学生が主体的に、実践・研究・制作に挑みます。

学んだことをもとにプロジェクトに取り組み、その過程で新たな学びに開かれていきます。学校側でゴール設定はせず、学生自身がゴールを決め取り組むことが特長です。学生が主体的に、実践・研究・制作に挑みます。

受験コース

学んだことをもとにプロジェクトに取り組み、その過程で新たな学びに開かれていきます。学校側でゴール設定はせず、学生自身がゴールを決め取り組むことが特長です。学生が主体的に、実践・研究・制作に挑みます。

オーダーメイドラーニング

Loohcs高等学院には、3つの個別最適が準備されています。

  1. 「進路に最適化」学生一人ひとりの進路に応じて柔軟に学びの機会を提供します。これまでも、英語検定準1級や世界遺産検定1級習得の支援、フランス語やドイツ語の指導などを行ってきた実績があります。
  2. 「学習を最適化」定期テストではなく、各教科の単元ごとに習熟度確認テストを行います。確認テストに合格すれば次の単元に入り、不合格であれば、合格のために必要なフィードバックを行いますので、分からないことを置き去りにしたまま授業が進むことはありません。
  3. 「指導を最適化」基本的な学習方法は、グループ型学習です。同じ目標を共有する学生同士がグループとなり、学生は互いに学び、教え合います。教員はこのグループ型学習が活性化するようなファシリテーションや指導を行います。達成目標と習得すべき知識が明確に共有されているため、学生同士でも適切なフィードバックをすることができます。

自己探求コース

必ずしも大学受験を目指すわけではない学生や、大学受験も含めてさまざまなライフコースを考えている学生のためのコースです。学生の「悩み」や「葛藤」を尊重しながら、Loohcs高等学院を卒業後にどのようなライフコースを歩んでいくかを真剣に考えるための時間と環境が整っています。また、リベラルアーツやプロジェクトをさらに深めるカリキュラムも用意しています。

Loohcs高等学院の魅力

Loohcs高等学院が選ばれる理由には

Loohcs高等学院の魅力

Loohcs高等学院が選ばれる理由には

Loohcs高等学院の魅力

Loohcs高等学院が選ばれる理由には

Loohcs高等学院の魅力

Loohcs高等学院が選ばれる理由には

Loohcs高等学院の魅力

Loohcs高等学院が選ばれる理由には